どのタイミングで購入する?格安航空券を最大限に利用する方法!

- 格安航空券はいつ購入するのがいいのか?

更新情報

格安航空券はいつ購入するのがいいのか?

正規料金で飛行機に乗る人と言うのはどれだけいるものでしょうか。
よっぽどお金がある人は当然のこと、ビジネスなどで当日券を求める人は正規料金で乗っているわけですが、実際には格安航空券を利用している人は多いでしょう。
それでは格安航空チケットはいつ購入したほうがお得になるか知りたい人も多いはずです。

出発日の2か月前から予約するのがいい

大手航空会社は公には格安航空チケットの存在を認めていなかったわけですが、最近ではANAで言えば旅割、JALで言えば先得という安いチケットを販売するようになっていました。
こういうチケットであれば9か月前から予約をすることができ、確かに割引率という点で言えばとてもいいわけですが、そんな先まで予約を確定できる人は少ないです。
1994年に航空法が改正されてからは、本格的に格安航空チケットが販売されます。
旅行会社で売り出される格安航空チケットの限定すると出発日の2か月前に予約するのが一番安くなります。

キャンセル待ちを狙うなら1か月前がいい

人気路線の格安航空チケットであれば予約でいっぱいになることもあるでしょうが、仮押さえをしている人も中にはいます。
2か月前であればキャンセル料を取られることがありませんが、1か月前以降になるとキャンセル料がかかります。
キャンセル料がかからない時期であれば意外と自由にキャンセルをする人もいます。
そのため、1か月前にはキャンセルをする人も一定数いますので、この時期を狙うというのもいいでしょう。

3日前ルールに注意する

航空業界には3日前ルールと呼ばれるものがあります。
これは格安航空チケットに関しては出発の前日や前々日には買えないというルールです。
これを許してしまうと、当日に正規航空券を払い戻して格安航空チケットの乗り換えることが増えてしまうからです。
当日券については切羽詰まった人が購入するわけですが、こういう人に対して安く購入してもらう必要はないでしょう。

出発直前ならLCCのほうがいい

LCCにしても格安航空券ピーチにしても当然早く予約をした方がいいわけですが、出発直前になってしまう場合にもLCCのほうが良かったりします。
座席が余っているというのであれば、大手航空会社よりも安く購入することができたりします。

それぞれの期間に応じて購入するのがいい

格安航空券を購入するのであれば、それぞれの期間に応じて購入するのがいいです。
とは言っても、基本的には早めに購入するというのが一番いいでしょう。

Copyright(C)2016どのタイミングで購入する?格安航空券を最大限に利用する方法!All Rights Reserved.