出発日1カ月前の格安航空券はキャンセルが出やすい傾向にある

- 出発日1カ月前の格安航空券はキャンセルが出やすい傾向にある

出発日1カ月前の格安航空券はキャンセルが出やすい傾向にある

格安航空券の買い時と言えば、予約が開始される2か月前になりますが、予定を確定することができなければ、キャンセルをすることにもなってしまいます。
予約変更をしてしまうとかえって高くつくことがありますので、その点ではお得だからと言ってなかなか予約をすることはできないです。
それではいつ頃を狙うのがいいのでしょうか。

1か月前はキャンセルが出やすい

航空会社や旅行会社によっても異なってくるわけですが、出発日の1か月前からキャンセル料がかかっていきます。
当日キャンセルになると飛行機に乗らないにもかかわらず全額を支払うことにもなってしまいます。
キャンセル料については出発日が近くなるにつれてだんだん高くなり、当日であれば100%です。
すでに予約をしている人に取っては1か月前までにキャンセルをするかどうかが迫られることになります。
キャンセル料がかかる前にキャンセルをしてしまう人もいるでしょう。
そういう事情のために、出発日に1か月前ぐらいからいきなり空席が多くなったりします。
このタイミングで格安航空チケットを購入するのもいいでしょう。
売れ残るのは避けたいでしょうから、さらに安くなるという可能性もあります。

予約の変更は基本的にできない

格安航空チケットはメリットばかりが強調されるわけですが、予約の変更ができないというデメリットがあることは知らない人が多いです。
格安航空チケットの場合は一度キャンセルをして新たに予約をし直すという手続きが必要になってきます。
一度キャンセルをしたら、お得に購入できないという可能性が高くなりますので、キャンセルをするかどうかは慎重に考えてください。

1か月前を狙うという手もアリ

格安航空券を購入するのであれば、早く購入したほうが安く購入できるわけですので一番安心できる購入の仕方です。
しかし、まだ予定が確定できていない人に取っては購入ができにくいですので、キャンセルが出やすい1か月前を狙うというのもいいでしょう。

Copyright(C)2016知りたい人も多いはず、格安航空チケットはいつ購入したほうがお得になるかAll Rights Reserved.